髪の毛がぺたんこでダサい【シャンプーが原因かも?】

髪の毛にボリュームがないと、ヘアセットが決まらないため毎朝のセットに時間がかかりますよね。
また、こういった髪の毛がペタンコになってしまう人の話を聞くと、いくら丁寧にシャンプーをしても汗をかいた様にベタッとなってしまうようです。
髪の毛や頭皮を清潔にするためにシャンプーをしているのに、爽快感やすっきり感が得られないのは、確かにイライラしてしまいますよね。

 

髪の毛がペタンコになってしまうのは、もしかしたらシャンプーに原因があるのかもしれませんよ。
皆さんは、いつもどのようなシャンプーを使っていますか。
スーパーやドラックストアに行くと、シャンプーコーナーには本当に様々な種類のシャンプーが並んでいますよね。
今話題のノンシリコンシャンプーは若者を中心に特に人気があるようですね。
ただし、人気があるシャンプーだから等の理由で自分に合わないシャンプーを使い続けていると、抜け毛や切れ毛により髪のボリュームがなくなってしまうことがあります。
またフケやかゆみ、べたつきの原因になる場合もありますので、自分に合ったシャンプーを使うようにしましょう。

 

一般的なシャンプーは水と界面活性剤で作られています。
それに良い香りのする香料や保湿成分などが微量に配合されて作られているのです。
汚れや皮脂を落とすのは、この界面活性剤と言われる成分なのですが、これには様々な種類があります。
アルコール系、石鹸系、ペタイン系、アミノ酸系などがあります。
洗浄力が強力な界面活性剤が使われているシャンプーは、汚れや皮脂を過剰に洗い流してしまう可能性があるようです。
皮脂を洗い流しすぎてしまうと、乾燥を補おうと余分に皮脂を分泌してしまいます。
これが髪の毛や頭皮のトラブルにつながると考えられています。

 

もしも、髪の毛がペタンコになってしまうという悩みを抱えているのであれば、界面活性剤にアミノ酸系が使用されているアミノ酸シャンプーを是非一度お試しください。
アミノ酸は人間の体を構成しているタンパク質の元となっている成分です。
つまり、人間の細胞組織に最も近く、自然な物質であるため、皮膚トラブルが起きにくく、有効成分が浸透しやすくなっているのです。
また、洗い上がりも優しいため、余分な汚れと皮脂だけを洗い流し、潤いに必要な皮脂は残してくれます。
アミノ酸シャンプーは多くの種類が出ていますが、特にお勧めなのはブラックシャンプーですね。
ネット通販で有名な楽天でもヘアケア部門で1位をとった商品なので品質もバッチリです。